リクルート

リクルートへの転職!面接対策では「なぜ?」に答える力が重要!

A男さん
リクルートに応募したのですが、面接に進むことができました!雰囲気ってどんな感じなんですか?また頑張った経験など聞かれるとの事なんですが、言えるようなことがありません。どうしたらいいでしょうか?


今回はこんな疑問にお答えします。

✔️本記事の内容

・すごい経験を求めているわけではない

・リクルートが面接で知りたい事は3つ

・成果ではなくプロセスが重要

・なぜ?対する準備を入念に実施

✔️本記事の信頼性

この記事を書いている僕たちは実際にリクルートの社員として働いていた経験があり、採用の1次面接も担当していましたのでリアルな情報をお伝えできるかと思います。

 

リクルートの面接は会話形式で行われます。

そして面接担当の方が場を盛り上げてくれるので終始しゃべりやすい雰囲気で進みます。

※たまにロボットみたいな面接担当も居ますので注意してください。

 

なので結構手ごたえがある!って方が多いんですが、

ポイントを押さえていないと普通に落ちます。

しっかりと準備する事で合格率は上げる事が出来るので本記事を読んでそなえていきましょう!

 

 

かならず聞かれる質問「これまで最も頑張ったことは何ですか?」に対しての準備

事前に調べてくれたように、この質問は必ず聞かれます。

僕らがリクルートを受けた時でも聞かれました。

 

まずはこの質問の意図を理解し、

相手の求めている事を的確に伝える事が出来るようにしていきましょう。


重要なのは、ここで求められているのはすごい事をした!というエピソードの大きさではないこと。


 

 

リクルートのが面接で知りたいポイントは3つ

ビジネス/競争社会 - 無料イラスト - ビジネス人物

 

面接官が知りたいポイントは以下になります。

ポイント

・なにが原動力となって頑張れるのか

・自らの意思で動き周囲を巻き込む事ができるか

・再現性はあるか

特に大事なのはこの3点です。

 

この3点を頑張った事はなんですか?というシンプルな質問から判断していきます。

 

ひとつずつ解説していきます。

なにが原動力となって頑張れるのか?

リクルートでは常に成長を求められます。

 

その為どういう時に自分は頑張れるんだ!というのを理解しておき、

入社後にそのような状態に自分を意識的に置く事で、高い成果につながると考えているため大事にされています。

 

またこのポイントでは下記の力を主に測ってます

・自己認識能力(メタ認知)

・言語化能力

いずれも仕事を進めていく上で重要なスキルです。

 

自らの意思で動き周囲を巻き込むことができるか?

リクルートでは社員一人一人に自主性を求めます。

 

その為指示が無くても自分の意志で行動できる社員を求めています。

 

またこのポイントでは下記の力を主に測ってます

・行動力

・自立性

・周囲を巻き込む力

 

再現性はあるか?

過去のエピソードから仮にリクルートに入社した後に同じだけの熱量で仕事を頑張る事が出来るのか?

を面接担当は判断しています。

 

またこのポイントでは下記の力を主に測ってます

・課題設定力

・継続力

 

 

結果ではなくプロセスを中心に頑張った事を整理

相手が知りたい事を理解できたら、

今度はそれに合わせて自分の頑張った事を整理していきます。

 


まずは以下のステップで実施する事をオススメします

ポイント

・頑張った事を始めたきっかけ

・始める前と頑張った後の変化(結果だけでなく、自分の考え方の変化なども)

・工夫をした点は何か 

・この件を通して何を学んで、次にどう活かすか

極論頑張って取り組んだが、成果が出ませんでした。


というエピソードでも大丈夫です。


エピソードは3つ〜4つ用意しておくといいでしょう。

 

以下でエピソードの例を記載してます。

BADケース:甲子園で優勝した応募者A君

親が野球が大好きでその影響で物心ついた時には野球をしていました。

 

高校では強豪校に進学し、

監督がめちゃくちゃ怖くて死ぬほど練習しました。

そのおかげで3年生では甲子園優勝しました!

 

大学でも一貫して野球部に所属していました。

ケガをしてしまい、プロ野球は諦めたんですが努力は誰よりもしてきました。

 

甲子園優勝という結果や努力の量も半端じゃなさそうですよね。

 

しかし現段階では間違いなく落ちます。

※ここから面接官が「なぜ?」と深掘りしてくれるので、充分挽回の余地はあると思いますが

 

 

ポイントは以下の点です。

・原動力が外的環境で自分の意思がない

・やれと言われて、やった事しか出てこない

・野球にレベルの情熱を仕事に向けることができるか不明

 

GOODケース:県予選で敗退してしまったB君

小学生の時にプロ野球の試合をみに行った時に感動して

親にお願いして野球をはじめました。

 

高校でも野球は続けていたのですが、そんなに強豪高校ではなかったです。

 

そのため元々の練習メニューでは非効率なのでは?と感じる部分も多く、 

ケガをした経験がから、筋トレやケガ予防などの知識があったので

効果的な練習メニューを監督に提案するなどして、練習メニューを変更してもらってました。

 

 

大学ではアルバイトばかりしてたんですが、そのバイト先でもみんなで工夫して

どうやったらもっと楽しく働けるか?を店長と考えてました。

 

どうですか?

成果としてはA君の足元にも及びませんが、B君の方が現段階では面接官からの印象がいいです。

 

ポイントは以下の点です。

・自身の意思で行動を起こしている

・自身の強みを理解して提案をしている

・常に改善の意識を持っていることが感じられる

 

なぜ?という深掘りに対して備えておく

改めて面接官が知りたいポイントを記載します。


・なにが原動力となって頑張れるのか

・自らの意思で動く事ができるか

・再現性はあるか



上記のポイントを確認していく為に、

「なぜ?」

という質問を繰り返し行ってきます。

 
このなぜなぜ攻撃は準備をせずにやられるとかなりキツイです・・・。

 


適切な準備をして最大限アピールしていきましょう!

会話形式でなぜ?と聞かれることに慣れておく


リクルート の面接は会話形式でやる事が多いので、決まった定型文で答える事ができません。


そのなぜ?の切り口も面接官によって異なってきます。


なのでこの「なぜ?」という質問になれておくことが大切です。

具体的な練習方法:複数人でのロープレの実施



具体的な方法としては、

4人くらいで面接者と応募者を入れ替わりながら、練習をしてみる事をオススメします。

 


3人くらいに面接官をやってもらい、気になったところになぜ?と質問をしてもらいそれに答えていきます。


お互い意地悪なくらいなんですか?って聞いてみてください。


本番は緊張もあるのでそれくらい準備していた方がうまくいきます。

 


終わったら下記の観点で振り返りを実践します。

・面接官が知りたいポイントが伝わっているか

・エピソード全体で矛盾した点はないか

・話に熱意があるか



この点を踏まえてエピソードを改善していきましょう。


これを繰り返せば確実に内容もよくなっていきます。

【番外編】ITエンジニアは学習内容と実績が重要

ITエンジニアに関しては上述の要素に加えて


・実際に開発した案件

・大学で学んでいた内容


このような点が加味して判断されます。


しかしIT領域を学んでいてリクルート興味あれば、まずは応募してみる事をオススメします。


優秀なITエンジニアはリクルートが最も確保したい人材なので、少しでも多くの方と会いたいと考えています。


 

まとめ:自身のエピソードを面接担当が知りたい観点で整理し、「なぜ?」への準備を入念に!

最後に大事な所だけをまとめています


・頑張った事を3つ以上準備しておく

・重要なのは結果では無い

 

・なぜ?という質問に準備しておく

・IT系はとりあえず応募してみる価値はある



リクルートは採用に非常に力を入れており、面接官や人事も社内でも優秀な人材を配置しています。




準備は大変だと思いますが、ぜひチャレンジしてみて下さい!


最後までありがとうございました。

-リクルート

© 2020 転職マップ Powered by AFFINGER5